鞄を縫ってみませんか?

  • 第11期
    2017年6月開講
  • 第12期
    2017年10月開講予定

Toyooka K-site鞄縫製者トレーニングセンター

鞄縫製者トレーニングセンターは
4ヶ月で即現場で通用する鞄縫製職人として就職する」ことを目標にした
兵庫県鞄工業組合が設立したToyooka K-Siteが主宰する短期集中プログラムです。

一般的な1・2年制の鞄専門の学校では、
特別講師による授業等、現場に近い環境やカリキュラム作りをしている専門学校が増えてきていますが
実際は「現場とは違う」「環境が合わない」「思い描いていたものと違う」など、
理想と現実との違いで就職も難しく退職される方も多い傾向にあります。

当センターでは、『現場実践力&現場視点』をキーワードに、
鞄企業が作成したカリキュラムでモノづくりの楽しさと共に
現場で役立つ基礎・応用技術、様々な職場環境の情報、現場目線での必要技術や働く姿勢など
現実に近い環境で様々な情報・技術を身につける事を中心に学びます。
また、卒業後は当センターをサポートする組合の企業に縫製者として優先的に就職をフォローしており、
これまでの3年間で70名程度が就職しています。

運営組織

組織名
Toyooka K-Site
設立母体
兵庫県鞄工業組合
参画企業数
約20社
代表者
橋本和則(兵庫県鞄工業組合理事長)
(株式会社ハシモト代表取締役)

兵庫県豊岡市京町12-73

tel.0796-26-7300

新規受講生募集中!!
詳細はToyooka K-siteまで